2014年07月29日

たまの休みなので思い切って片づけたこと

今日は久しぶりに休みだったので、たまっていたものを一気にやりました。

何がたまっていたかというと、「ももだちになろ!プレゼント」という桃の天然水のキャンペーンです。
どのくらいたまっていたかというと、4回応募できる分の応募券がたまっていました。

まず、パソコンでURLを入力し、あらわれたサイトにメールアドレスを登録しました。
そして、応募券に書いてある番号でガチャをまわしました。
残念ながらはずれでした。
その結果をTwitterでシェアすると、次回の当選確率が2倍になるということでした。
そこでTwitterに登録しているメールアドレスとパスワードを思い出して、久しぶりにログインして、シェアしました。

これで当選確率は2倍です。
やったね!

そして2度目のガチャ。
また外れてしまいました。
またTwitterでシェアしました。
これでまた当選確率は2倍です。
やったね!

3回目、いよいよ後がありません。
絶対に負けられない戦いです。
ゴクリ…。
息をのんでガチャを回したそのとき…!!

またハズレでした。
もうTwitterでシェアするのも3回目です。

「この人は何を同じことばかりつぶやいているんだ?」と思われたかもしれません。
しかし、なんとTwitterのほうでも僕があまり何度も同じことをつぶやくものですから、1回無視してくれたのかもしれません。
3回つぶやいたつもりですが、2回しかツイートしたことになっていないのです。

それは置いておいて、
4回目、いよいよ最後のガチャになります。
ここまで本当に長かった…。

この夏最後の戦いになるかもしれません。

思い出してみれば、
久しぶりに1週間休みなしという状況。
いつもならば水筒を職場に持参する水筒男子なのに、
水筒を洗う時間もなく、
結果的に桃の天然水を何本も買って飲んだというわけなのでした。

最寄りのスーパーでは桃の天然水が安く売っていて、
キャンペーンもやっているそうだからと買いました。

「ま、当たらないだろうけど、当たったら彼女にプレゼントできるかもしれない」
そんな思いでいました。
自分はLINEをそれほどやりませんが、彼女は友だちとたくさんLINEをしているからです。

儚い希望もむなしく、これで最後の挑戦となってしまうのか!?

そして、さっきのツイートは有効なのか!?

有効でなければ、当選確率は1倍のままか!?

さまざまな思いが交錯する中、

私は最後のガチャをええいと回したのでした。

それにしてもガチャを回して出てくるまでがすごく早い。
くじ引きじゃないんですもんね。
ガチャって何回転もするわけじゃなくて、次に出てきそうになってるやつがそのままポロンと出てくるだけですからね。

出てきました!
はずれました!

さて、掃除します。
本当にありがとうございました。
posted by シー at 17:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月26日

日々の積み重ねと洋楽をじっくり聴くこと

英会話をはじめて、これまで425分やってきました。
毎日25分という時間でも、積み重なってくると良いなあと思います。

毎日毎日積み重ねていることって、誰しもきっとあると思います。
しかし、なかなかその時間を数えてはいないよなあと思います。
私がDMM英会話にお金を払っているのは、時間を数えてくれるからということも要因の一つだと思います。
学校に通っているようなものだと思うので、それが2年続いたりしたら自信になってくると思うのです。
ただ単に独学で2年という期間を過ごしても、その期間は曖昧になりがちだと思うのです。

さて、そんなわけで英会話について努力をしています。
しかし、未だに洋楽さえ満足に聞き取ることができません。

歌い方と喋り方で違うところもあるように思います。
国や人が変われば、同じ英語でも若干違う発声になってくるような気もしています。
じゃあカナダやフィリピンの英語は分からなくてアメリカの英語は完ぺき?とか自分に問いただしてみるとむしろアメリカのシンガーでよくわからない歌い方だなあと思う好きなアーティストもいるわけで、じっくり聴いて分析してみないとなあと思っているところです。

最近は、人気のシンガーグループ「One Direction」の曲『Story of My Life』をじっくり聴いてみようと思いました。

それで気付いたことがあります。

サビで、タイトルにもあるフレーズ「Life」が出てきます。
その後で詞は「I」という言葉へと続きます。

この、
lifeのfeとIがくっついてファーになってる!

面白いなあと思いました。
Lifeの部分までを無視して、Iの部分から聴いたとしたら、
「なんでIなのに、ファイみたいに発音するんだろう?」と思ったかもしれません。

私の場合は、ずっとファではじまる何か知らない単語を歌っているんだろうなと思いながら聞き流していたのです。

そしたら、知らない単語でも何でもない、単純に「I」と言っているだけでした。
なんで「I」なのにfの音が混ざるの?
その前にfで終わる言葉が来ていたからだったんだなあ、とやっと気がついたというわけなのです。

どの言葉とどの言葉がつながってるか、それをじっくり何度も聞き返して分析するのに、1番のAメロ・Bメロ・サビについて30分くらいはかかってしまいました。
こんな調子ですから、2番を聴くのもとてもじっくり望まないといけないなあと思います。どの日にそれをするのかきちんと計画立ててやらなくちゃあな、と思うほどです。リラックスしてただ聴くと、わからない僕なので…。
しかし一度わかってしまえば、しばらくは覚えておけると思います。記憶力も高めたいです。
posted by シー at 22:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月25日

たんや思い出す、レストラン等の英単語

先日紹介した単語で「mucous」というものがありました。
意味をご存知でしょうか?

私も、急にこのように質問されたら思い出すのに時間がかかります。
しょっちゅう触れていないとすぐに忘れると思って、こうして再度書いています。

「粘液性の、粘液」といった意味でした。

今日はこれに似た言葉で「phlegm」という単語をご紹介します。
意味としては、同じく「粘液、粘液的性質」といった意味もありつつ、「たん、遅鈍、無気力、冷静」といった意味もあるようです。

また、忘れずにメモしておきたい点としては、
読み方が【フレム】といった感じであることです。

あれ?Gはどこに行った?という感じになります。
消音するパターンのやつですね。

あと、好きな意味としては「遅鈍」です。
【ちどん】と読みます。
すごい言葉です。ひびきが好きです。

こうした言葉を知っておけば、海外で暮らしてたんに苦しんだときも説明がスムーズに済みそうです。
「phlegm」を知らずに病院でたんを説明するにはどうしたらいいのでしょうか。

さて、海外に済んだとしても自分は病院に行かないぞという方もいるかもしれません。
しかし自分の子どもが行くかもしれません。

子どもを育てるのは大変だと思います。
子どもを育てるドラマの話を、オンライン英会話でした際に「raise」という単語を教えてもらいました。
この単語には相当多くの意味がありますが、「(子どもを)育てる、養う」といった意味もあります。

「引き上げる、起こす、立てる」といった意味が有名なのではないかと思います。
子どもを引き上げるということはつまり育てるといえるかも…と思うと理解しやすい気がしました。

病院に行って回復したなら、「recover」したことになりますね。
回復する、取り戻すといった意味があります。

似ている言葉で「recall」は「思い出す」だそうです。
私はこれらを混同して、recoverで記憶を取り戻す→思い出すかと思ってしまいました。ちょっと勘違いでした。
しかしここでrecallできて良かったです。
復習でrecoverできました。

あとはrestaurantという「レストラン、料理店、飲食店」といった言葉も知りました。
これは、元々知っていましたが、講師の方にきちんと理解できていると思われていなくて採り上げられたのかなと思いました。
しかし、「レストラン」というそのままの意味でしか考えず、料理店や飲食店といった意味ではあまり考えなかっただろうなと思うので、日本語に訳すときのいい経験になったと思います。
posted by シー at 21:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。